上京女子エンジニア生活レビュー

田舎から東京にやってきた新米エンジニアです。都会の生活習慣に戸惑っています。

患者を見守る看護師不足の現状を考える

患者にとって看護師は天使

看護師は私たちにとって天使なような存在で入院した時にとても助けになってくれたんです。
私は長年病気をしていて、働くことが難しい人間なので、どうしても入院となると落ち込んでしまうのですが、看護師さんが励ましてくれたのでとても気分が楽になったことがあるんです。
やっぱり落ち込んでいると病気はなかなかなおってくれないので、元気で過ごすことがとても大事なんだなって思いました。
今はちょっと看護師が少ない状態なので、とても大変な仕事になってしまっているのですが、私たち患者にとって天使みたいな存在になっているので、頑張って欲しいなって思います。
ただ無理をしすぎてしまって体を壊してしまうこともあるので、無理をしないでいてほしいですね。
次はこの看護師不足の理由について考えてみます。

看護師不足を考えてみる

というのも日本人の平均寿命が伸びた影響で、医療機関へ足を運ぶ人の数は年々増加しています。
その一方で、医療に従事される人の数は減少しているのが現状です。
過酷な勤務を限られた人数で行うために、その過酷さに耐え切れずやむなく離職される看護師さんも多いと聞きます。
最近、よく病院の広告で看護師の求人を見かけます。
それだけ看護師不足が顕著になってきているのでしょう。
私たちは、長い人生の中で何度も医療機関のお世話になります。
特に看護師さんは、私たち一般の人間には最も身近に頼れる存在です。
その看護師さんたちの数が足りず、満足に治療を受けられなくなって困るのは私たちではないでしょうか。
本来であれば、国が検討、改善を進めていく問題なのですが、私たちも少し看護師を含む、医療問題について考えてみるべきではないでしょうか。
東南アジアからの外国人看護師受け入れも始まったようです。
しかし日本人もこれからもどんどん看護師資格を持った人が増えていって欲しいと思います。

上京女子エンジニア生活レビューコンテンツ一覧